セキュリティ、速度、サポート全てが整った唯一の店舗向けWi-Fi!

セキュリティ、速度、サポート全てが整った唯一の店舗向けWi-Fi!

店舗にフリーWi-Fiを導入するにあたっては、性能、サポートなどが気になるところですが、特に充実した性能を誇るのがNTT東日本が提供する法人・店舗向けの「ギガらくWi-Fi」です(西日本エリアも同じサービスを受けられます)。フリーWi-Fiといえば各社から様々なサービスが提供されていますが、「ギガらくWi-Fi」は群を抜いて性能とサポートが整っていると話題です。

最強のセキュリティ “WPA2-PSK”を採用

最強のセキュリティ "WPA2-PSK"を採用古い暗号化規格(例えばWEPなど)では、悪意のある他者に比較的簡単に暗号を解読されてしまうリスクがありますが、NTT東日本が提供する「ギガらくWi-Fi」は、現行で最も強固な最新の暗号化規格である”WPA2-PSK”を採用していて、顧客(ゲスト)も安心してインターネットに接続することができます。
一般的なフリーWi-Fiのほとんどは初期の暗号化規格である”WEP”か、ひとつ前の規格である”WPA”を採用していますが、「ギガらくWi-Fi」は現行最強のWPA2-PSKによって利用者を脅威から守っています。

また、オフィスや店舗にて顧客(ゲスト)へフリーWi-Fiを用意する場合、顧客(ゲスト)が誤って社内ネットワークに接続しないよう対策しなければなりません。その点も「ギガらくWi-Fi」では、ファイアウォールで顧客(ゲスト)の通信を社内ネットワークと分離することができるため、安心して顧客(ゲスト)用のフリーWi-Fiを提供できます。

そして、「ギガらくWi-Fi」ではWi-Fiに接続できる端末を限定することも可能です。社内の情報へのセキュリティをさらに高めるため、あらかじめ設定したMACアドレスの端末のみにWi-Fi接続を限定することができます。

最速の通信規格 “IEEE802.11ac”を採用

最速の通信規格 "IEEE802.11ac"を採用新しい規格である”IEEE802.11ac”を採用し、5GHzの周波数に対応。通信速度はこれまでのものより速く、無線区間の最大通信速度は1.3Gbpsにものぼります。
ただ通信技術においてよく言われることですが、これはあくまでも技術規格上の最大値であって実使用速度を示すものではありません。利用環境(インターネット接続環境、端末機器の仕様等)や回線混雑状況により速度が低下することは覚えておきましょう。

また従来の2.4GHzの周波数だと、通信速度が5GHzに比べて遅い上、日常生活の電波に干渉しやすく(同じ2.4GHzが使われているものに、電子レンジ・無線のマウス&キーボードや電話機・Bluetoothを使った機器などがある)、電子レンジなどをよく利用する飲食店の場合は注意が必要です。
さらに「ギガらくWi-Fi」の場合、同じ5GHzの周波数を使っている家電があったとしても、電波干渉の少ない無線チャネルを装置が定期的に自動選択してくれますので干渉の心配は少なくて済みます。

最大のサポート “初期設定からメンテナンス、端末交換まで365日(9時~21時)対応”の体制

最大のサポート "初期設定からメンテナンス、端末交換まで365日(9時~21時)対応"の体制家電店に行って自分でWi-Fiルーターを買ってきた場合、初期設定やメンテナンスなどがかなり面倒です。まず初期設定ではSSID、セキュリティ・認証規格(WEP/WPA/WPA2-PSK)、通信規格(802.11ac/a/b/g/n)について理解しなければなりませんし、『部署によりSSIDを分けて使いたい』、『来訪者向けにWi-Fiを提供したい』などの複雑な初期設定は迂闊に素人が手を出してしまうとセキュリティがガバガバになってしまい外部から侵入され放題。なんてことになってしまったら身も蓋もありません。

加えて、ある日突然なんらかのトラブルが発生してWi-Fiが繋がらない場合や、端末が不具合を起こしたときにどのような対応を取ればよいか理解しておかなければ、通常の業務に支障をきたしてしまいます。

NTTの「ギガらくWi-Fi」の場合は、難しい初期設定もレディメイドで対応して装置を送ってくれますし、導入からメンテナンスまでなんと365日(9時~21時)のサポート体制が整っていて、トラブル時のヘルプデスクの代行、端末が故障した際に迅速に交換用の装置を配送してくれるなど、かなり手厚いサポートを受けられます。

1台の装置でモバイル端末50台の同時接続が可能

1台の装置でモバイル端末50台の同時接続が可能小規模店舗であれば50台の同時接続は十分な対応台数ですが、それが1台の装置だけで出来るというから驚きです。顧客(ゲスト)はもちろん、従業員が同時に接続しても回線がパンクするようなことはありません。半径25m以内にある端末が全てこの1台でインターネットに接続することができます。

もし店舗の規模がギガらくWi-Fiの範囲である半径25mを超えているとしても、複数台の装置を利用することで自動的に2台目以降の装置がWi-Fiの中継地点となってくれますので、半径25m以内に装置を置くことでWi-Fiの範囲が広がります。2台目にLANケーブルを引かずに済みますので、配線がごちゃごちゃする心配は必要ありません。

まとめ

「ギガらくWi-Fi」は現行の法人・店舗向けWi-Fiサービスの中では、確かに群を抜いているようです。セキュリティ、速度、サポートのいずれかが同規模のサービスはありますが、三拍子揃ったサービスは「ギガらくWi-Fi」以外にはありません。

店舗にフリーWi-Fiを設置して集客したいという場合、NTT東日本の「ギガらくWi-Fi」は一度は検討した方が良いでしょう。

気になる料金については、なんと通常のインターネット回線と同じくらいの金額で導入できるとのことです。もちろん、これまで契約していたインターネットを解約しても「ギガらくWi-Fi」で今まで通りインターネットは利用できますので、料金負担が大幅に増すようなことはなさそうです。

せっかくフリーWi-Fiを導入するのであれば、質の良いものにした方が顧客も従業員も満足度は高まります。安かろう悪かろうでフリーWi-Fiを導入するより、「ギガらくWi-Fi」のようなセキュリティも速度もサポートもしっかりした高品質のフリーWi-Fiを導入すべきでしょう。

よく読まれている記事

コメントを送る

*
*
* (公開されません)

Facebookでコメントする