誰でも無料で利用できるフリーWi-Fiスポットに簡単にアクセスできるアプリ

誰でも無料で利用できるフリーWi-Fiスポットに簡単にアクセスできるアプリ

外国人観光客に向けて作られたアプリ「Japan Connected-free Wi-Fi」は、エヌ・ティ・ティ・ブロードバンドプラットフォーム株式会社(NTT BP)が運営する、
“簡単な操作、一度の登録で事業者が提供している複数のWi-Fiに接続することができるアプリ”です。

ただこのアプリ、外国人観光客向けに作られたとはいえ対応言語(13言語)の中に「日本語」が入っており、日本に住む日本人も利用することができるため、身近にあるフリーWi-Fiがものすごく簡単に利用できるようになると話題です。

Japan Connected-free Wi-Fiの機能

●サーチ(Search)
フリーWi-Fiを探す機能。現在地を中心に、近くのWi-Fiスポットが表示されます。
主要な都市や駅の周辺からWi-Fiスポットを探すこともできます。
※ネットワーク環境が必要です

Japan Connected-free Wi-Fiのサーチ画面※画面はiOS版です。

●Connect
フリーWi-Fiに接続する機能。エリアに着いたらアプリを起動し、「Connect」ボタンをワンタップするだけでWi-Fiに接続可能です。周辺にWi-Fiが無い場合は利用できません。

Japan Connected-free Wi-Fiの接続画面※画面はiOS版です。

Wi-Fiスポットを探してそこにアクセスする。それ以上でも以下でもなく、実にシンプルで分かりやすいですね!

便利そうだが料金はかかるのか?

Japan Connected-free Wi-Fiの特徴

●全てが無料
全ての機能を無料で利用することができます。

●利用登録は1度だけ
これまでエリア毎に必要だった利用登録がこのアプリの利用登録のみでOKです。

●13言語に対応
以下の言語に対応しています。
英語、中国語(簡体字)、中国語(繁体字)、韓国語、タイ語、マレー語、インドネシア語、フランス語、スペイン語、ドイツ語、イタリア語、ロシア語、日本語

全て無料で利用でき、一度アプリの登録さえしてしまえば、Wi-Fiを利用するたびに発生する会員登録やログインなどが一切発生しなくなります。これは便利!

ではどんなWi-Fiが利用できるのか?

Japan Connected-free Wi-Fiの利用可能エリア

あまりにも多いのでここでは紹介しきれませんが、数が多いところで言えば、セブン&アイ・グループの店舗内で利用できる「7SPOT(セブンスポット)」や、ローソン、ナチュラルローソン、ローソンストア100の店舗内で利用できるフリーWi-Fi「LAWSON_Free_Wi-Fi」、ファミリーマートの店舗内で利用できる無料Wi-Fiサービス「Famima_Wi-Fi」などの大手コンビニチェーンを運営する企業も参加しています。

それから、行政が整備しているWi-Fiはほとんど対応しています。例えば「和歌山フリーWi-Fi(WAKAYAMA_FREE_Wi-Fi)」や「福岡シティWi-Fi(Fukuoka_City_Wi-Fi)」がそうです。

とにかく参加している数は多いです。

詳しくは「Japan Connected-free Wi-Fiの利用可能エリア」に参加している企業や団体が掲載されていますので、そちらを参照してみてください。

では、実際に使ってみたいが、どうすればいいのか?

利用までの流れ

1.ダウンロード
まずはアプリのダウンロードが必要です。Android版とiOS版の両方ともあります。
Japan Connected-free Wi-Fiの公式サイト」の上部にGoogle PlayとApp Storeへのそれぞれのバナーがありますので、そこからダウンロードページへ遷移できます。

ダウンロード

2.アプリの利用登録
アプリの登録としてメールアドレスなどの諸情報を登録します。

3.利用開始!

なんて簡単なんでしょうか。

これから先、都市にフリーWi-Fiが整備されるのは当たり前の時代になりますし、現在も大量のWi-Fiが街に存在しています。
予めこのアプリに登録しておいて、周辺のWi-Fiを上手に活用しましょう!

よく読まれている記事

コメントを送る

*
*
* (公開されません)

Facebookでコメントする