フリーWi-Fiスポットを利用する際に注意するべき3点

フリーWi-Fiスポットを利用する際に注意するべき3点

街中にあふれるWi-Fiスポット。ほとんどの人が日常的にインターネットを使う現代において、データ通信使用量を気にせずに利用できるWi-Fiスポットは非常に利便性が高く、時に、裏に潜む危険を忘れがちになってしまいます。

では、いったいどんな危険が潜んでいるのか?

安心してWi-Fiスポットを利用するために注意するべき3点をお知らせします。

ハッキングによりスマホが乗っ取られる

ハッキングによりスマホが乗っ取られる街中には沢山のWi-Fiが飛んでいますが、例えばカフェの名前によく似せた名称のWi-Fiをハッカーが飛ばしていて、そこにアクセスしてしまうと、ものの1~2分でスマホが乗っ取られてしまうというケースがあります。

スマホが乗っ取られると、電話帳アプリに入っている個人情報、銀行の暗証番号、今どこにいるのかという位置情報などなど…あらゆる情報が盗まれてしまいます。また、遠隔操作によって様々なウィルスを埋め込まれることだってあるのです。

特に自動接続をONにしているスマホの場合、勝手にハッカーが用意したフリーWi-Fiにアクセスしてしまうこともあるので、街中ではできるだけインターネットを使うときにだけ手動でWi-Fiを探すようにしましょう。

ではどのような点に気を付けてフリーWi-Fiを利用すればよいのか?それは以下にあげる3点です。

不明なWi-Fiには接続しない

不明なWi-Fiスポット通常、Wi-Fiスポットには鍵(南京錠)のマークが付いていますが、自治体などが提供しているWi-Fiスポットにはパスワードがかかっておらず、鍵マークが付いていないことがあります。つまり誰でも使えるWi-Fiスポットなんです。

ですが、基本的には知らないWi-Fiスポットには接続しない方が無難です。
和歌山フリーWi-Fi(WAKAYAMA_FREE_Wi-Fi)」や「福岡シティWi-Fi(Fukuoka_City_Wi-Fi)」などの自治体が提供しているWi-Fiスポットは安心できますが、見たことも聞いたこともないようなWi-Fiスポットにアクセスするのは控えましょう。

セキュリティが強固なサイトにだけアクセスする

セキュリティが強固なサイトにだけアクセスするフリーWi-Fiを利用しているときは、たとえ信頼できるネットワークであったとしても、セキュリティが強固なサイトだけにアクセスするように心がけましょう。

でも、セキュリティが強固なサイトってどうやって見分けるのか?

それは、サイトのURLが「http://」で始まるか「https://」で始まるかの違いです。
「s」が付いているのは「SSL(暗号化通信)」であることを示しており、通信経路上での盗聴や第三者によるなりすましを防止してもらえます。

いつもの場所でも接続先を確認

いつもの場所でも接続先を確認いつも立ち寄るファストフード店やカフェ、はたまた会社や学校であったとしても、Wi-Fiの接続先は確認するようにしましょう。ハッカーが周辺に潜んでいて、スマホを乗っ取るための罠を仕掛けているかもしれません。たとえ自宅であっても同様です。

フリーWi-Fiスポットは便利で利用者も多く、今後、もっともっと数が増えていくことが予想されます。ですが、そうなると多くの人が集まり、多くのハッカーも集まるようになります。

たとえ身近なWi-Fiスポットであったとしても、それがいつまでも安全とは限らないのです。

まとめ

自分の身は自分で守る。
信号のルールは学校では教えてくれますが、Wi-Fiスポットのルールは学校では教えてくれません。

  • 知らないWi-Fiには接続しない(自動接続はOFFにする)
  • フリーWi-Fiを利用中にはhttpsで暗号化されたサイトだけ利用する
  • いつもの場所でも接続先は毎回確認する

自動接続ONで街中を歩く行為は、赤信号で横断歩道を渡るようなものです。
いつ車に跳ねられてもおかしくない状態というのを認識し、上記3点をしっかり身につけて安心安全なフリーWi-Fiライフを満喫しましょう!

よく読まれている記事

コメントを送る

*
*
* (公開されません)

Facebookでコメントする