安い?便利?カワイイ?タブレットケース選びに気をつけたい3選

安い?便利?カワイイ?タブレットケース選びに気をつけたい3選

最近はタブレット端末を持ち歩いている人も増えてきて、以前よりもかなりタブレットが浸透しているようです。
やはり皆さん、タブレットを持ち歩くにあたっては保護のためにもタブレットにケース(カバー)をしている方が大半です。

でも世の中、沢山のタブレットケース(カバー)が販売されていて、いざ自分が購入しようと思ったときにどのタブレットケース(カバー)がベストなのかちょっと分かりにくくなっているのではないでしょうか?
そこで、悩ましいタブレットケース(カバー)選びに注意したい点をまとめましたので、これからタブレットを購入しようと考えている人も、今すでに持っている人も、参考にしていただければ幸いです。

万が一の落下時に画面が保護されるか?そもそも持ちやすいか?

タブレットケース(カバー)を付ける上で欠かせないのが画面の保護です。落下時の衝撃に耐えられるか、あまりにも薄いタブレットケース(カバー)は強い衝撃には耐えられません。たとえ画面に強化シールを貼っていたとしても、落下時の角度が悪い場合、画面は衝撃に耐えられず案外簡単に割れてしまいます。

タブレットケース(カバー)1

やはり角から落ちたパターンが割れやすく、また画面から真っ逆さまに落ちても割れるのだとか。画面側から落下させたらアウトですね。
なので、「角の衝撃が吸収できるか」、「画面が一切地面に触れないような作りになっているか」が画面の保護の判断になります。

タブレットケース(カバー)2

落としにくいタブレットケースの例なお画面が割れるのを防ぐのに最も効果的な方法は『落とさない』ことですから、そもそも「落ちにくい設計になっているか」も重要なポイントです。

持ち手などが付いていると落としにくいですね。あとはストラップなどを手首に付けておくなどでも落下防止になります。

自立させたいか?角度は適切か?

タブレットを利用している方はご存知と思いますが、タブレットって意外と重たいんです。タブレットを持ったまま操作すると腕や指が疲れてしまいますので、できるだけ自立させられるタブレットケース(カバー)が欲しいところです。

自立させられるケース1

そして自立させられる上で重要なのは、「ちょうどいい角度になるか」です。机の上に置いてみて、自分とタブレットの距離が近いならば寝かせ気味で、距離が遠いならばできるだけ立たせた方が使いやすいです。

自立させられるケース2複数段階で決められるタブレットケース(カバー)もありますので、角度で迷うならばそちらを選択する手もありです。

ちなみに、家で使う場合はこんな商品もあるそうです。

TOMARU CUSHION COVER + クッション

TOMARU CUSHION COVER + クッション
3,780円 (税込)
※クッションのサイズは45cm×45cm
「SLOLCIN」

リラックスしながら使えるというのが良いですね。

キーボードは必要か、不要か?

タブレットで文字を打つとき、画面上のキーボードだと打ちづらく感じることがあると思います。日頃、タブレットを使うときに文字をよく打つのであれば、キーボード付きのタブレットケース(カバー)を選択してみてはいかがでしょう?
パソコンのように使えることで、タブレットのポテンシャルを限界まで引き出すことができるのではないでしょうか。

キーボードは本当に必要か?

ただし、キーボード付きのタブレットケース(カバー)は、やはり金額が高くて重たいです。またタブレットとは別でキーボードの充電も必要ですので、キーボードの充電を忘れないように注意が必要です。

そして何より、これは「カバーという認識を持ってはいけません」。キーボードも精密機械なので、落下した場合にタブレットは守れてもキーボードは壊れてしまう可能性があります。
キーボードについては必ずしも必要なものではありませんので、自分の使い方にあったタブレットケース(カバー)を探しましょう。

まとめ

タブレットケース(カバー)はデザインだけで選ぶと、万が一の時にとても後悔してしまいます。きちんと画面を保護できるか、使うシーンを想像して適切な角度に自立させられるか、そしてキーボードは本当に必要か。それらに注意して選ぶことが大事です。

せっかく購入したタブレット。画面が割れてしまったり、水に濡れて壊れてしまったり。そんなことにはなりたくありませんよね。
快適にタブレットを利用するためにもタブレットケース(カバー)はしっかりとしたものを購入しましょう。

 

よく読まれている記事

コメントを送る

*
*
* (公開されません)

Facebookでコメントする