いまさら聞けないBluetooth!基本から便利な事例までを紹介

いまさら聞けないBluetooth!基本から便利な事例までを紹介

Bluetooth(ブルートゥース)って聞いたことあるけど、なんだかよくわからない。
今日はそんな方の為に「Bluetoothがそもそも何なのか?」「どのようにして活用するのか?」を説明します。

今までBluetoothを使ったことない人は、この機会にこの記事を最後まで読んで、活用してみてください。
あなたのスマホライフが一変するかもしれません。

Bluetoothは無線の通信技術

まずBluetoothが何なのかについて説明しますと、無線でデジタル機器同士のデータ通信をさせる通信技術の一つで、簡単に言ってしまうと「ワイヤレス(無線)技術」です。

Bluetooth通信

ちなみにワイヤレス(無線)といえばWi-Fiを思い浮かべますが、Wi-FiとBluetoothの違いについて説明すると、Wi-Fiは複数の通信機器をインターネットに接続して大容量のデータ通信をすることがメインですが、Bluetoothは省電力でデジタル機器同士のデータ通信をすることをメインとした技術です。同じデータ通信技術といっても主な利用目的が違います。また、それぞれの通信距離もWi-Fiは25m前後まで届くのに対し、Bluetoothは10m程となっています。

分かりやすくまとめると以下のようになっています。

Bluetooth Wi-Fi
主目的 機器同士の通信 インターネット接続
通信距離 概ね10m前後 概ね25m前後
消費電力 少ない 多い
接続構成 1対1を想定、複数もある 複数台での通信を想定
データ通信量 少ない 大容量

表を見る限り、性能はWi-Fiの方が優れています。だったら全部Wi-Fiでいいんじゃないの?という気もしますが、Wi-Fiは消費電力が多いので長時間の利用に向いてないのです。Bluetoothは省電力なので機器同士を繋いだまま待機できるため、電力を消費し続ける機器との接続に向いています。

それぞれ一長一短があるということですね。

Bluetoothがどのように生活を変えるのか?

ワイヤレスになることで、そのものの利用価値が大きく変わることがあります。その際たる例が携帯電話ですね。今や世界中の人が携帯電話を持っている時代ですが、一昔前までは電話はコードが付いていて、自宅にずっと置いてあるものでした。
さて、今後そのような革命的なモノがBluetoothを通じて出てくるのでしょうか?
現在のBluetoothの代表的な例を挙げると、「スピーカー」「イヤホン・ヘッドホン」「キーボード」などがあります。
それぞれワイヤレスになった場面を思い浮かべてください。

卓上スピーカー

例えば「スピーカー」の場合、今まではパソコンやオーディオプレーヤーからコードを繋げる必要があったので、必然的にそれらの付近に一緒に置くのが普通でした。それがワイヤレスとなったらどうなるでしょう?例えば食事をするテーブルの中央や、トイレ、お風呂、枕元など。自由な場所にスピーカー置くことができるようになり、ライフスタイルの大部分を音楽に染めることができますね。
これまで音楽をパソコンで再生していた方にとってみれば革命的なモノになるのではないでしょうか。

ジョギング ワイヤレス イヤホン

「イヤホン・ヘッドホン」ではどうでしょうか?この場合、例えばよくジョギングをしながら音楽を聞く人がいますが、走っている時はコードがぶらぶらと揺れると気が散ったり、腕に引っ掛かったりで走りにくかったりすると思います。
ワイヤレスだと、そういった身体を動かすときに邪魔にならなくて済みますし、それはスポーツなどに限ったことではなく、例えば工場や工事現場などの身体を動かす仕事において、スタッフ同士の連絡ツールとして活用する場合、コードがあると機械に巻き込まれるなどの危険がありますが、ワイヤレスの場合はその心配はいりません。

ワイヤレスになることで活用の幅がものすごく広がりますね。次回はさらに深掘りして、具体的なBluetoothグッズを紹介していきたいと思います。

よく読まれている記事

コメントを送る

*
*
* (公開されません)

Facebookでコメントする