家電店で購入できるWi-Fiルーター3傑!

家電店で購入できるWi-Fiルーター3傑!

こんにちは、フリーWi-Fi通信編集部です。

今回はこれから自宅にWi-Fiを導入しようと考えている方に、家電店で購入できるオススメしたいWi-Fiルーターを3つお届けしたいと思います。
※あくまでフリーWi-Fi通信編集部の方で総合的に判断し、家庭に適したものを検討した結果となっております。

ひとつめはバッファローの”AirStation HighPower Giga WHR-1166DHP3″

まずひとつめにご紹介するのはバッファローの「AirStation HighPower Giga WHR-1166DHP3」です。
このWi-Fiルーターを推す理由としては、『家庭用としてバランスが良い』というところです。

AirStation HighPower Giga WHR-1166DHP35GHz帯接続時で最大866Mbps、2.4GHz帯接続時で最大300Mbpsの無線通信が利用可能ということで、電波干渉の少ない5GHzと、壁の沢山ある自宅に適した2.4GHzの両方に対応しており、対応子機の位置や距離を判別して、電波を適切に届けることで転送速度・安定性を向上させる「ビームフォーミング」にも対応。
これにより、家の中で使うのに適したWi-Fiルーターとなっています。

そして金額も家計に優しく、2016年9月現在で、6,000円前後で購入することができます。

自宅で利用するにあたり、この商品の唯一のデメリットとしては「100Mbps」までしか対応していないこと。
最近の回線はよく”ギガ回線”と言われ、理論上「1,000Mbps」まで出ますが、このWi-Fiルーターを通すとそれが強制的に10分の1の100Mbpsになってしまいます。
ただし、1,000Mbpsの回線を契約しておらず、通常の光回線(100M)の契約だけであれば何の支障もなく利用できるWi-Fiルーターとなっています。

このWi-Fiルーターの主なスペックは下記の通りとなっております。

メーカー バッファロー
商品名 AirStation HighPower Giga WHR-1166DHP3
価格 6,000円前後
無線LAN規格 IEEE802.11a/b/g/n/ac
セキュリティ規格 WEP、WPA、WPA2
有線LAN(HUB)ポート数 4
有線LAN(HUB)速度 10/100Mbps
ゲストポート
IPv6
NAS ×
VPN
DLNA ×
幅x高さx奥行 55x159x131 mm

そして次はNECの”Aterm WG2200HP PA-WG2200HP”

次にご紹介するのはNECの「Aterm WG2200HP PA-WG2200HP」です。
このWi-Fiルーターを推す理由としては、『速度が早く、不正アクセス検知を備える実用的なセキュリティの強さ』です。

Aterm WG2200HP PA-WG2200HP5GHz帯は4ストリーム、2.4GHz帯は3ストリームに対応しているので、5GHz帯で最大1,733Mbps、2.4GHz帯で最大450Mbpsの無線通信が可能です。そして4ストリームに対応しているにも関わらず、アンテナが国内最小サイズ(同社調べ)となっており、コンパクトに仕上がっています。

また「見えて安心ネット」を搭載しており、不正アクセスしたWi-Fi機器を検出。不正な端末として設定しておけば、それ以降は接続を拒否できる機能もあります。

そしてパソコンを複数台持っている家庭であれば役に立つNAS※1も対応しています。
※1 NAS…network attached storageの略で簡単に言うと、1台のパソコンに保存した写真をWi-Fiルーターを介してもう1台のパソコンでも閲覧できるようになるという、LAN端子を装備したHDDです。

それに加えDLNA※2にも対応しており、家庭にあるネットワーク機器とも接続できるので、ライフスタイルを大きく変える力がこの1台に秘められています。
※2 DLNA…Digital Living Network Allianceの略で簡単に言うと、LANを通じてパソコンに保存された動画をリビングのテレビで再生できるようになるという、異メーカー間での接続を容易にする業界団体のルールです。

なにより、契約しているインターネット回線の速度が1G(1000M)ならば、Wi-Fiの速度を落とさないようにこちらを選択すべきです。

このWi-Fiルーターの主なスペックは下記の通りとなっております。

メーカー NEC
商品名 Aterm WG2200HP PA-WG2200HP
価格 11,000円前後
無線LAN規格 IEEE802.11a/b/g/n/ac
セキュリティ規格 WEP、WPA、WPA2
有線LAN(HUB)ポート数 4
有線LAN(HUB)速度 10/100/1000Mbps
ゲストポート
IPv6
NAS USB端子×1
VPN
DLNA
幅x高さx奥行 35x181x130 mm

最後は再び登場、バッファローの”AirStation HighPower Giga WXR-1900DHP2″

最後にご紹介するのはバッファローの「AirStation HighPower Giga WXR-1900DHP2」です。
このWi-Fiルーターを推す理由としては、『高性能で、速度が速く、快適に、確実に繋がる安定感』です。

AirStation HighPower Giga WXR-1900DHP2まず推したいのは、1GHzの高速デュアルコアCPUを装備して内部処理を高速化していること。これによりデータの処理速度が速く、Wi-Fiルーターを経由することで発生する速度ロスが非常に少なくて済みます。

そして、デジタル変調方式「256QAM」のデュアルバンド対応で、5GHzでは最大1300Mbps、2.4GHzでは最大600Mbpsの無線通信が可能です。
そして、5GHzと2.4GHz、2種類の電波を同時に高速処理して高いスループットを実現しており、家の中でWi-Fiルーターから離れていても利用できますし、Wi-Fiルーターの近くにいる人は、かなりの高速で利用できるというメリットがあります。

さらに安定性を高めているのが、対応子機の位置や距離を判別して、電波を適切に届けることで転送速度・安定性を向上させる「ビームフォーミング」に対応していて、加えて他のWi-Fi機器や電子レンジなどから発生する干渉ノイズを自動検知して回避する「干渉波自動回避機能」を備えており、おまけに電波の混雑状況をチェックして、空いているバンド(帯域)へ自動的に誘導する「バンドステアリング」を搭載しています。

もはや家の中でWi-Fiが繋がらない場所はないのではないか?というくらいの高性能です。
家中どこでもWi-Fiを快適に利用したいという方はこれを選択すべきです。

さらにNASDLNAにも対応しており、家庭で利用するには最強に近いWi-Fiルーターです。

このWi-Fiルーターの主なスペックは下記の通りとなっております。

メーカー バッファロー
商品名 AirStation HighPower Giga WXR-1900DHP2
価格 15,000円前後
無線LAN規格 IEEE802.11a/b/g/n/ac
セキュリティ規格 WEP、WPA、WPA2
有線LAN(HUB)ポート数 4
有線LAN(HUB)速度 10/100/1000Mbps
ゲストポート
IPv6
NAS USB端子×1
VPN
DLNA
幅x高さx奥行 41x185x185 mm ※アンテナ、スタンド含まず

まとめ

今回は「自宅で利用する」というところに焦点を当ててWi-Fiルーターを選別してみました。
いずれのWi-Fiルーターも、セキュリティ規格はWPA2を採用していますので、しっかりと初期設定をすればセキュリティの問題は出てこないでしょう。

ただ、そこから先は自宅の環境に応じて変わってきます。
インターネット回線の契約が100Mの場合は、1000M対応のWi-Fiルーターを購入してもそのパフォーマンスを最大限発揮することはできませんし、パソコンが1台しかなく、テレビもDLNAに対応していない場合、無駄にNASやDLNAが付いている必要もありません。

そして付いていればいいというものでもありませんので、『自宅の環境はどうか』と、『どのように使いたいか』を明確してWi-Fiルーターを選びましょう。

よく読まれている記事

コメントを送る

*
*
* (公開されません)

Facebookでコメントする