爆速のWi-Fi規格「IEEE 802.11ad」!これまでのWi-Fiとどう違うのか?

爆速のWi-Fi規格「IEEE 802.11ad」!これまでのWi-Fiとどう違うのか?

Wi-Fi(無線LAN)ルーターの導入を検討する際、無線LANの規格として度々目にするのが「IEEE 802.11◯◯」という表記。ほとんどのWi-Fiルーターが「IEEE 802.11ac/a/b/g/n」や「IEEE 802.11a/b/g/n」などで、後半の英語の部分だけが違う表記になっていると思います。

今回は最も新しい規格となる「IEEE 802.11ad」について、どのようなものなのか?これまでとの違いなどを書いていきたいと思います。

ひとまずWi-Fiの規格について基本的なことを書いておきましょう。

Wi-Fiの規格とは?

Wi-Fiの規格の名称を具体的に見ると、「IEEE 802.11b」などとなっています。

まず「IEEE 802」について。

IEEE 802とは、電気・電子分野で世界最大の学会・標準化機関であるIEEEの標準化委員会の一つで、可変長のデータを送受信する通信・ネットワーク技術の標準化を担当する委員会。 また、同委員会で制定された技術標準の総称。

出典:http://e-words.jp/w/IEEE_802.html

ということで、単純に委員会の名称、あるいは技術標準の総称として使われているだけで、この”802″という数字が大きければ良いとかそういうことではないわけです。問題はうしろの「11b」の部分。

では、どのようなものがあるのかというと、「11a」「11b」「11g」「11n」「11ac」の5つと、最新の「11ad」の合計6つです。

Wi-Fiの規格の違い

それぞれどのような違いがあるのか表にしました。(伝送レートはMIMO無しです。)

 規格 周波数帯域 伝送レート
 IEEE 802.11b 2.4GHz 11Mbps
 IEEE 802.11a 5GHz 54Mbps
 IEEE 802.11g 2.4GHz 54Mbps
 IEEE 802.11n 2.4GHz / 5GHz 150Mbps
 IEEE 802.11ac 5GHz 867Mbps
 IEEE 802.11ad 60GHz 6800Mbps

この表で見ると、これまで主流で使われてきた周波数帯域は2.4GHzと5GHzの2種類でしたが、新たに60GHzが加わることになります。
また、周波数帯域が上がることで結果として伝送レートも6800Mbpsまで向上します。

ここで、冒頭に立ち返ってWi-Fi(無線LAN)ルーターに記載されている規格を見ると、「IEEE 802.11ac/a/b/g/n」とあります。
つまりこれは『「11a」「11b」「11g」「11n」「11ac」に対応していますよ』という表記なんですね。

最近のルーターは殆どが「IEEE 802.11ac/a/b/g/n」の規格を採用していますが、まれに「11ac」がない一世代前の「IEEE 802.11a/b/g/n」の規格しか対応していないWi-Fi(無線LAN)ルーターもありますので、購入の際は注意したいところです。

「IEEE 802.11ad」がこれまでと決定的に違う点

IEEE 802.11adがこれまでと違う点として、注目すべきはやはり「60GHz」が採用されているというところ。これにより既存の無線LAN対応機器との互換性が全くなくなります。また、ちょっと難しい話ですが、「11ac」以前は1チャネルあたり20MHzの帯域であったのに対し、「11ad」は1チャネルあたりの帯域が2.16GHzもあり、さらに速度も上げやすいので、例えば4K大画面の動画や、長時間の3DVRなどの大容量のデータを素早くダウンロードすることが可能となります。

結果、これまでのWi-Fiの常識を覆すほど爆速であるということ。

ですが、実はデメリットもあります。それは60GHz帯の電波が遮蔽物に弱いということ。例えば家の中ではドアや壁があるので、それだけで電波が遮断されてしまいます。これまでのWi-Fiは20~30mほど届いたのに対し、11adは10mと近距離の通信がメインになります。
しかし、こちらはビームフォーミングの技術によって、実際にWi-Fiルーターに実装される際はもっと繋がりやすくなっていると思われますいます。

まとめ

IEEE 802.11ad」の現状を3点にまとめると、

  • とにかく速い。これまでと比較すると爆速と言っても過言ではない。
  • 電波が遮蔽物に弱く、使う場面が限られる感がある。
  • まだまだ端末側の対応が進んでおらず、一般的には利用しにくい状態。普及にはあと1~2年はかかりそう。

ということで、もうしばらくは「IEEE 802.11ac」の規格が中心になるのではないかと思われます。

近距離通信と言えばBluetoothに近い気もしますが、消費電力は高いと思われますので使い方が非常に難しいところ。使い方次第では大化けしそうな次世代規格となっています。

よく読まれている記事

コメントを送る

*
*
* (公開されません)

Facebookでコメントする